ホーム > 研究活動

提言 中東・アフリカ


ページ:[1] (4件)

(2015-06-18) 「サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究―中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―」政策提言(平成26年度)
※本論は、平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業)報告書『サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究― 中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―』の終章を抜粋したものである。 サハラ地域におけるイスラーム急進派と資源紛争の個別事例 については、報告書の各章の分析を参照されたい。

(2004-01-26) エジプトとのFTAについて
2003年9月、東京にて開催された「日本・アラブ対話フォーラム」第一回会合において、エジプト(及びサウジアラビア)側より、日本とのFTA締結の打診が行われた。これに対し、日本国際問題研究所として、エジプトとのFTAについて、現地調査に基づき検討した。

(2003-07-28) TICADⅢへの政策提言について
日本国際問題研究所は、これまでのTICADⅠ・Ⅱ会議の成果を踏まえ、今回のTICADⅢがさらに有意義なものとなるように、知的貢献を目的として、研究会を発足させた。

(2002-07-26) 「中東和平政策研究会」政策提言
一層厳しさを増している中東和平問題に対し、我が国として積極的に関与すべきという問題意識より緊急研究会を立ち上げ、「今後のわが国の対中東和平政策について(提言)」と題する政策提言をまとめました。

ページ:[1] (4件)