ホーム > 研究活動

中国・朝鮮半島

提言


(2015-06-19) 「主要国の対中認識・政策の分析」政策提言(平成26年度)
※本論は、平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業)報告書『主要国の対中認識・政策の分析』の一部(第8章)を抜粋したものである。各主要国(地域を含む)の対中認識・政策の現状や展望、ならびに各主要国に対する外交政策に関する具体的な提言については、報告書の各章の分析を参照されたい。

(2014-07-30) 「チャイナ・リスクと地域経済統合に向けた取組」政策提言

(2013-05-08) インド太平洋地域における安全保障上の課題に関する日印米三国戦略対話(日本国際問題研究所、岡崎研究所、ヴァンダービルト大学日米センター、インド統合軍研究所共催)

続きを読む

研究報告


(2018-07-25) 「『不確実性の時代』の朝鮮半島と日本の外交・安全保障」(平成29年度 朝鮮半島研究会)
1 平成29年度外務省外交・安全保障調査研究事業「『不確実性の時代』の朝鮮半島と日本の外交・安全保障」(朝鮮半島研究会)

(2018-02-06) 平成29年度 米国議会への年次報告書「中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開2017」(注:当研究所による米国政府文書の翻訳として作成したもの。
1 米国議会への年次報告書「中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開2017」

(2017-11-06) 「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」(平成28年度 地域研究会)
1 平成28年度外務省外交・安全保障調査研究「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』研究報告(地域研究会)

続きを読む

コラム


(2018-12-28) 国問研戦略コメント(No.6) 
「多次元統合防衛力:評価と課題」
小谷哲男 (日本国際問題研究所主任研究員/明海大学外国語学部准教授)

(2018-12-19) 国問研戦略コメント(No.5) 
「米国離脱後のイラン核合意の行方——激しさを増す「二次的制裁」に対する各国の対応」
貫井万里(日本国際問題研究所研究員)

(2018-10-23) 『China Report』Vol. 27
中国新指導部の“プロファイリング”⑥:
丁薛祥 習近平の側近中の側近
李昊 (日本国際問題研究所 若手客員研究員)

続きを読む

用語解説


(2007-08-27) 盆唐センムル教会と韓民族福祉財団(アフガニスタンの韓国人拉致事件) 宮本悟(研究員)

(2006-08-01) MTCR(ミサイル技術管理レジーム) 宮本悟(研究員)

(2006-06-30) テポドン 宮本悟(研究員)

続きを読む