ホーム > 研究活動

中東・アフリカ

提言


(2015-06-18) 「サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究―中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―」政策提言(平成26年度)
※本論は、平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業)報告書『サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究― 中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―』の終章を抜粋したものである。 サハラ地域におけるイスラーム急進派と資源紛争の個別事例 については、報告書の各章の分析を参照されたい。

(2004-01-26) エジプトとのFTAについて
2003年9月、東京にて開催された「日本・アラブ対話フォーラム」第一回会合において、エジプト(及びサウジアラビア)側より、日本とのFTA締結の打診が行われた。これに対し、日本国際問題研究所として、エジプトとのFTAについて、現地調査に基づき検討した。

(2003-07-28) TICADⅢへの政策提言について
日本国際問題研究所は、これまでのTICADⅠ・Ⅱ会議の成果を踏まえ、今回のTICADⅢがさらに有意義なものとなるように、知的貢献を目的として、研究会を発足させた。

続きを読む

研究報告


(2016-06-06) 「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」(平成27年度)
1 平成27年度外務省外交・安全保障調査研究事業「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」研究報告

(2016-05-30) 「中東情勢・新地域秩序」(平成27年度)
1 平成27年度外務省外交・安全保障調査研究事業「中東情勢・新地域秩序」研究報告

(2015-05-28) 「サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究―中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―」(平成26年度)
1 平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業) 「サハラ地域におけるイスラーム急進派の活動と資源紛争の研究 ―中東諸国とグローバルアクターとの相互連関の視座から―」研究報告

続きを読む

コラム


(2015-12-15) 『US Report』vol. 7
米国の対外政策における制度的機能不全:大統領権限、議会と行政のねじれ
梅川 健(首都大学東京准教授)

(2015-10-05) 『US Report』vol. 4
米国の対外政策における「エスニック・ロビー」:親イスラエルとキューバ系を中心に
松本明日香(日本国際問題研究所研究員)

(2010-06-09) エジプト政治におけるエルバラダイ 横田貴之(日本大学国際関係学部准教授、日本国際問題研究所元研究員)

続きを読む

用語解説


(2010-08-24) フドナ(停戦):法学的定義から見るハマースの含意 森山央朗(研究員)

(2009-06-15) オバマ大統領の中東演説 横田貴之(研究員)

(2009-02-13) ハマースの停戦観 横田 貴之(研究員)

続きを読む