ホーム > 研究活動

国問研戦略コメント

戻るトップページ印刷/モバイル ページ

戦略年次報告 2019:持続可能な経済社会の構築と経済グローバルガバナンスの再構築に向けて


グローバリゼーションは、世界全体に多くの富をもたらし、先進国と一部新興国の経済格差は急速に縮小した。一方で、リーマン・ショック後の先進国経済の低迷の後、新興国への経済の重心移動はより明らかとなり、生産拠点の海外移転や貿易による新興国との競争激化に対する不満が高まった。また、金融危機によるショック、技術革新による熟練労働者と非熟練労働者の賃金レベル拡大により、世界的に所得格差が拡大する傾向にある。
Download(PDF)

(2020-01-20)

▲ページの先頭へ
戻るトップページ