ホーム > 研究活動

研究報告

ページ:1... 6 < [7] > 8 ...10 (186件)
(2009-06-03) 第2回JIIA-IISS会議
1 「アジアにおけるグローバルな戦略的挑戦」
(2009-04-22) Peace-Building in Practice: Lessons from the Ground
1 Peace-Building in Practice: Lessons from the Ground ― Forging Japan's New Strategy for Peace Building ― 旭 英昭
(2008-12-15) Afghanistan : Japan's Experiences Revisited
1 cover
2 contents
3 Summary Recommendations Afghanistan Study Group Japan
4 Chapter 1 Afghanistan Nation Building -Six Years On Maki Shinohara
5 Chapter 2 Three Different Layers of Discussion on the International Intervention in Afghanistan Yoshiyuki Yamamoto
6 Chapter 3 Lessons Learned from the provision of Japanese Assistance to Afghanistan since ‘9/11’ Nobutaka Miyahara
7 Chapter 4 Principles for good international engagement with Afghanistan Yukimasa Fukuda
8 Short CV: Members of Afghanistan Study Group Japan
9 [全文の一括表示・印刷]
(2008-07-31) 平成20年度「中華人民共和国の軍事力2008」
1 米国議会への年次報告書「中華人民共和国の軍事力2008」 米国国防長官府 訳:日本国際問題研究所
(2008-06-13) 平成19年度「中部アフリカ諸国の政治情勢-植民地時代から現代までの権力闘争小史-」
1 中部アフリカ諸国の政治情勢-植民地時代から現代までの権力闘争小史- 藤原 定
(2007-12-11) 平成19年度『第4回日豪トラック1.5安全保障対話』報告書(英文)2007.12.10-11
1 The 4th Australia and Japan 1.5 Track Security Dialogue 10-11 December 2007 Canberra. Proceedings.
(2007-11-30) 平成19年度「中華人民共和国の軍事力2007」
1 米国議会への年次報告書「中華人民共和国の軍事力2007」 米国国防長官府
(2007-07-31) 平成19年度「アフガニスタンにおける平和構築努力と日本の役割」アフガニスタン現地調査(2006年12月)を踏まえての現状報告
1 はじめに 宮原信孝
2 第一章 アフガニスタンの現状
3 第二章 国民のための戦略
4 第三章 アフガニスタン・コンパクト実施の現状とNATO軍の対応
5 第四章 アフガニスタンの治安悪化とODA漸減の下における日本支援の役割
6 第五章 結論と提案
7 脚注
8 [全文の一括表示・印刷]
(2007-03-31) 平成18年度外務省委託研究「平和構築における諸アクター間の調整」
1 はしがき
2 目次
3 序 章 平和構築の諸アクターと調整の課題 稲田 十一
4 第一章 ポストPKO から中長期的な開発支援への移行期と諸アクター間の調整 稲田 十一
5 第二章 治安部門改革(SSR)における諸アクターの活動 藤重 博美
6 第三章 平和構築にかかる主要ドナー国の調整と平和構築委員会 佐渡 紀子
7 終 章 平和構築における諸アクター間の調整の今後の課題と方向(要約) 稲田 十一
(2007-03-31) 平成18年度「21世紀の「国つくり」に立ち会って-平和構築について現場から考える-」
1 はしがき
2 目次
3 まえがき 旭 英昭
4 序 章 わが国の平和外交の系譜
5 第一章 セルジオデメロの「国づくり」の軌跡をみる
6 第二章 ユニークなPKOの展開
7 第三章 平和構築のマクロ経済的な意味合い
8 第四章 東ティモールでの自衛隊の成功の秘密は何か-現地社会の“心”を掴んだ努力と苦労-
9 第五章 「官」「民」協働を実現するための条件を探る
10 第六章 国際貢献のために求められる人的資質とは
11 第七章 平和構築の現場から見た「人間の安全保障」
12 第八章 傷ついた心をどう癒すのか-平和構築の“隠れた”課題-
13 第九章 平和構築について現場から考える
14 第十章 繰り返される“失敗”の背後にあるもの
15 付表・参考文献
(2007-03-31) 平成18年度「和諧社会」の構築に挑む中国・胡錦濤政権 - 「四位一体」の調和論
1 はしがき
2 目次
3 はじめに 渡辺英雄
4 第1章 市場経済体制の深化と社会の変容
5 第2章 重い課題を背負う胡錦濤政権
6 第3章 「和諧社会」の構築を正式に党議決定
7 第4章 「決定」から読む「和諧社会」の構築
8 第5章 「決定」が目指す方向と今後の課題
9 資料編
(2006-03-31) 平成17年度「ペルシャ語専門外交官の見たこと、聞いたこと、やろうとしたこと」
1 はしがき
2 目次
3 外務省入省、語学研修、在外勤務 駒野 欽一
4 イラン革命、在テヘラン米国大使館人質事件、イラン・イラク戦争
5 二度目のイラン勤務
6 アフガンの和平と復興支援
(2006-03-31) 平成17年度「新生カンボジアの展望 - クメール・ルージュの虐殺から大メコン圏共存協力の時代へ -」
1 はしがき
2 目次
3 はじめに 福島 清介
4 新しい時代の夜明け
5 現代カンボジア政治の潮流
6 最近のカンボジア経済情勢
7 カンボジアの国家再建計画
8 日本の役割(和平外交、国家復興・再建支援)
9 大メコン圏地域開発とカンボジア
10 資料編
(2006-03-31) 平成17年度「国際社会における中国のプレゼンス」
1 はしがき
2 目次
3 略称
4 はじめに 五十川倫義
5 外交
6 軍事・科学技術
7 経済・社会
8 むすび
(2006-03-31) 平成17年度「ベネズエラ・チャベス政権の分析-「平和的、民主的革命」は可能か -」
はしがき
2 目次
3 はじめに 伊藤 昌輝
4 チャベス政権登場の背景
5 チャベス政権の特質
6 「ボリバル革命」
7 同政権の基本的政策
8 「平和的、民主的革命」は可能か
9 今後の課題と展望
10 おわりに
11 参考文献
(2006-03-31) 平成17年度「中東諸国におけるイスラームと民主主義-ハマース2006年立法評議会選挙綱領を中心に-」
1 はしがき
2 訳者まえがき 横田 貴之
3 「変革と改革」のリスト
4 訳者解題
5 付録
(2005-03-31) 平成16年度 「北東アジアの安全保障と日本」
1 はしがき
2 目次
3 総論 北朝鮮問題の展望-地域イニシアチブの勧め 小此木政夫
4 北朝鮮核問題と核不拡散体制 戸崎洋史
5 6者会談の停滞と第2期ブッシュ政権-普遍的原則の地域的代替 倉田秀也
6 朝鮮半島核危機をめぐる北朝鮮・中国関係 平岩俊司
7 6者協議と中国の北朝鮮政策     平成15年度報告書 益尾知佐子
8 補論 五十川倫義
9 正念場を迎える米韓同盟協議 阪田恭代
10 「安全保障」と新しい軍事態勢のあり方 道下徳成
(2005-03-31) 平成16年度 「東ティモールにおける日ASEAN協力」
1 はしがき
2 目次
3 東ティモールにおける日ASEAN協力 佐渡紀子
(2005-03-31) 平成16年度 「中国新体制の外交防衛」
1 はしがき
2 目次
3 略称
4 はじめに 五十川 倫義
5 発展と封じ込めの岐路
6 周辺国外交の攻勢と課題
7 多極化と対米バランス
8 経済発展による足場の強化
9 結び
(2005-03-31) 平成16年度 「アフガニスタンにおける平和構築と日本」
1 はしがき
2 アフガニスタンにおける平和構築と日本 佐渡紀子
3 別添資料
ページ:1... 6 < [7] > 8 ...10 (186件)