ホーム > 研究活動

アメリカ

提言


(2015-06-19) 「主要国の対中認識・政策の分析」政策提言(平成26年度)
※本論は、平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業)報告書『主要国の対中認識・政策の分析』の一部(第8章)を抜粋したものである。各主要国(地域を含む)の対中認識・政策の現状や展望、ならびに各主要国に対する外交政策に関する具体的な提言については、報告書の各章の分析を参照されたい。

(2015-06-18) 「グローバル・コモンズ(サイバー空間、宇宙、北極海)における日米同盟の新しい課題」政策提言(平成26年度)
※本論は、平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(調査研究事業)報告書『グローバル・コモンズ(サイバー空間、宇宙、北極海)における日米同盟の 新しい課題』の終章を抜粋したものである。個別事例については、報告書の各章の分析を参照されたい。

(2014-07-30) 「グローバル・コモンズ(サイバー空間、宇宙、北極海)における日米同盟の新しい課題」政策提言(平成25年度)

続きを読む

研究報告


(2018-06-26) 「トランプ政権の対外政策と日米関係」(平成29年度 米国研究会)
1 平成29年度外務省外交・安全保障調査研究事業「トランプ政権の対外政策と日米関係 」研究報告書

(2018-02-06) 平成29年度 米国議会への年次報告書「中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開2017」(注:当研究所による米国政府文書の翻訳として作成したもの。
1 米国議会への年次報告書「中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開2017」

(2017-11-06) 「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」(平成28年度 地域研究会)
1 平成28年度外務省外交・安全保障調査研究「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』研究報告(地域研究会)

続きを読む

コラム


(2018-07-20) 『Global Risk Research Report』No. 13
グローバル・シフトとアメリカの中東外交
小野沢 透(京都大学教授)

(2018-06-15) 『Global Risk Research Report』No.9
「エルサレム問題とトランプ米政権」
立山 良司(防衛大学校名誉教授)

(2018-06-08) 日米貿易摩擦の経験を踏まえて中国に話したいこと 津上 俊哉(津上工作室代表 日本国際問題研究所客員研究員)

続きを読む

用語解説


(2009-09-01) 外国研究としてのアメリカ政党研究 西川 賢(研究員)

(2009-07-31) オバマ政権の閣僚構成にみる多様性 西川 賢(研究員)

(2009-04-14) 核兵器の無い世界 一政祐行(軍縮・不拡散促進センター研究員)

続きを読む