領土・歴史センター

検討会に戻る

東アジア史検討会 開催実績

2018年度
 第1回会合 2018年5月19日 議題:敗戦・占領・講和-日本と東南アジア
(発表者:根本敬上智大学教授、村嶋英治早稲田大学教授、相澤伸広九州大学准教授)
 第2回会合 2018年6月1日 議題:敗戦・占領・講和-歴史認識と歴史教科書
(発表者:小林聡明日本大学准教授、コメント:江藤名保子アジア経済研究所研究員)
 第3回会合 2018年7月20日 議題:中国人対日協力者とその戦後
(発表者:関智英東洋文庫奨励研究員、コメント:平野千果子武蔵大学教授)
 第4回会合 2018年9月28日 議題:日中国交正常化
(発表者:井上正也成蹊大学教授、コメント:杉浦康之防衛省防衛研究所主任研究官)
 第5回会合 2018年10月23日 議題:上海総領事館「岩井公館」に勤務した対日協力者たちの文化大革命
(発表者:川島真東京大学教授、コメント:関智英東洋文庫奨励研究員)
 第6回会合 2018年12月14日 議題:『日中友好』時代の再検証―「72年体制」下の日中関係(1978~1992年)―
(発表者:杉浦康之防衛省防衛研究所主任研究官、コメント:神田豊隆新潟大学准教授)
 第7回会合 2019年1月17日 議題:「一つの中国」原則形成の国際政治史と日本
(発表者:福田円法政大学法学部教授、コメント:川島真東京大学教授)
 第8回会合 2019年3月7日 議題:中華人民共和国成立期におけるアジア国際秩序―インド、ビルマ、インドネシアと中国の関係を中心に―
(発表者:三宅康之関西学院大学教授、コメント:半澤朝彦明治学院大学准教授)
 第9回会合 2019年3月25日 議題:朝鮮植民地支配の被害の認識と認定―戦時労務動員を中心に―
(発表者:外村大東京大学教授、コメント:太田修同志社大学教授)
 国際政治史・東アジア史 
 合同検討会
2018年9月28日 議題:東京裁判
(発表者:牛村圭国際日本文化研究センター教授)
2019年度
 第1回会合 2019年4月8日 議題:2018年以降の日韓関係
(発表者:木村幹神戸大学アジア総合学術センター長、コメント:小林聡明日本大学准教授)

※発表者およびコメンテーターの所属・肩書は開催当時のもの