ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

JIIA国際フォーラム・シンポジウム

日本国際問題研究所では、広く国内における政策論議を推進するべく、日本外交にとって主要課題である、グローバルなパワーシフト、日米同盟、アジア太平洋地域のアーキテクチャー、核軍縮・不拡散、気候変動問題等をテーマに、内外有識者による講演会を、月に2~3回、開催しております。

会員(A)の方には、Eメールでご招待のご案内を差し上げております。

会員(A)以外の一般の方で聴講ご希望の方は、本ページからお申し込み頂けます。

今後の開催予定

只今、イベントのご案内はございません。


実施報告

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
JIIA-Stanford Symposium「The Past, Present, and Future International Order in Past Asia」 (2019-05-10)
(JIIA・スタンフォード大学共催、2019年5月10日実施、於・スタンフォード大学)
「変わりゆく世界経済におけるOECDの役割」
アンヘル・グリアOECD事務総長 他
(2019-04-16)
 アンヘル・グリア  経済協力開発機構(OECD)事務総長
 玉木 林太郎    国際金融情報センター理事長
 小田部陽一     日本国際問題研究所客員研究員/前ジュネーブ代表部大使
 司会 佐々江賢一郎 日本国際問題研究所理事長
「日EU・EPAを超えて、自由で開かれた国際貿易のために日EUは何ができるか」
パネリスト:セシリア・マルムストローム(欧州委員会委員(貿易担当))他
(2019-04-10)
パネリスト:
セシリア・マルムストローム 欧州委員会委員(貿易担当)
川口順子          武蔵野大学客員教授/元外務大臣・環境大臣
渡邊頼純          関西国際大学教授/慶應義塾大学名誉教授
モデレーター:
小田部陽一         日本国際問題研究所客員研究員/前ジュネーブ代表部大使
公開シンポジウム 「中東を巡る米国とロシアの動きと中東諸国の対応」 (2019-03-15)
開会辞 中山 泰則(日本国際問題研究所所長代行)
主査による趣旨説明(立山良司・防衛大学校名誉教授)
≪第 1部≫「米露の対中東政策」
「トランプ政権と中東」
  小野沢 透(京都大学教授)
「中東に対するロシアの軍事的関与」
  小泉 悠(東京大学先端科学技術研究センター特任助教)
質疑応答
≪第2部≫「中東諸国の対米・対露政策」
「エジプトとロシアの関係強化の現状と背景」
  鈴木 恵美(早稲田大学招聘研究員)
「トルコの対米・対露関係」
  今井 宏平(日本貿易振興機構・アジア経済研究所研究員)
「イランの対米・対露関係」
  貫井 万里(日本国際問題研究所研究員)
質疑応答・全体討論
総括:立山良司(防衛大学校名誉教授)
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています/本公演は日本語のみです)
公開シンポジウム「トランプ外交の本質を読み解く」 (2019-03-11)
開会の辞:中山 泰則(日本国際問題研究所所長代行)
 報告
 高畑 昭男(白鷗大学教授/産経新聞客員論説委員(前論説副委員長))
  「力による平和」をめぐるトランプ外交と共和党Establishment(保守本流)」
 報告
 宮田 智之(帝京大学講師)
  「トランプ派の台頭と米国政治への含意」
対談
 久保 文明(東京大学教授/日本国際問題研究所上席客員研究員)
 佐々江 賢一郎(日本国際問題研究所理事長/前アメリカ合衆国駐箚特命全権大使)
質疑応答
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています)
公開シンポジウム 「『不確実性の時代』の朝鮮半島と日本の外交・安全保障」 (2019-03-11)
開会辞 中山 泰則(日本国際問題研究所 所長代行)
「『不確実性の時代』の朝鮮半島と日本の外交・安全保障」研究会
  司会:主査・小此木政夫教授(慶應義塾大学名誉教授)
主査による研究会の成果の紹介 (10 分)
研究会委員による報告 (各15 分)
報告(1) 倉田 秀也(防衛大学校グローバルセキュリティ・センター長、教授/日本国際問題研究所客員研究員)
「朝鮮半島の安全保障環境と最近の動向」
報告(2) 伊豆見 元(東京国際大学教授)
「第2 回米朝首脳会談の総括と米朝関係の展望」
報告(3) 西野 純也(慶應義塾大学教授)
「日韓関係の現状と管理方案」
質疑応答
主査による総括/閉会
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています)
公開シンポジウム「英国の離脱とヨーロッパ―Brexit の政治・経済的インパクト」 (2019-03-06)
開会の辞: 中山 泰則(日本国際問題研究所所長代行)
〔第1部 2018年度欧州の政治情勢〕
報告「ポスト複合危機の欧州」
  遠藤 乾(北海道大学教授/日本国際問題研究所客員研究員)
質疑応答
〔第2部 英国のEU離脱とそのインパクト〕
報告「英国のEU離脱―政治的側面」
  池本 大輔(明治学院大学教授)
報告「Brexitが欧州にもたらす経済・金融面での影響について」
  吉田 健一郎(みずほ総合研究所上席主任エコノミスト)
質疑応答
総括: 遠藤 乾(北海道大学教授/日本国際問題研究所客員研究員)
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています)
シンポジウム「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」 (2019-03-02)
公益財団法人 日本国際問題研究所/同志社大学南シナ海研究センター/同志社大学法学部 共催
シンポジウム「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」
開会の辞 中山泰則(日本国際問題研究所所長代行)
基調講演「南シナ海仲裁とその後の展開:中国の海洋法及び法の支配に対するアプローチ」
 ポール・ライクラー(中比南シナ海仲裁裁判比側弁護人)
パネルディスカッション「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」
モデレーター:浅野亮(同志社大学法学部教授)
パネリスト:
 岡本隆司(京都府立大学教授)
 高井晉(公益財団法人 笹川平和財団海洋政策研究所島嶼研究センター 特別研究員)
 酒井啓亘(京都大学大学院法学研究科教授)
コメンテーター:阿川尚之(同志社大学法学部特別客員教授)
 村田晃嗣(同志社大学法学部教授)
閉会の辞 中山泰則(日本国際問題研究所所長代行)
続きを読む

国際会議

日本国際問題研究所では海外のシンクタンクや研究機関との交流を頻繁におこなっており、国際会議やセミナー、意見交換会などを随時開催しております。 これら海外の研究者や有識者との会合で得られた知見や成果は、各研究プロジェクト等にも反映されております。


2015 March

3rd Japan-India Dialogue, Tokyo

Japan-US Security Seminar Follow-up Meeting, Washington, DC

2015 February

8th JIIA-IPIS (Institute for Political and International Studies, Iran) Roundtable, Tehran

2nd JIIA-CSR (Center for Strategic Research, Expediency Discernment Council, Iran) Dialogue, Tehran

JIIA-IIRI (Ilmin International Relations Institute (IIRI), Korea University) Dialogue, Seoul

JIIA-RAND Corporation Dialogue, Tokyo

2015 January

4th JIIA-INSS (Institute for National Security Strategy, South Korea) Dialogue, Tokyo

2014 December

3rd JIIA-IIS (Institute of International Studies, Fudan University, China) Dialogue, Tokyo

続きを読む