領土・歴史センター

 日本国際問題研究所では、領土・主権・歴史の分野において、調査研究及び対外発信事業を実施するため、2017年に領土・歴史センターを設置しました。  同センターでは、①我が国の領土・主権・歴史に関する国内外の資料の収集・整理・対外発信等、②同分野に関する国内外での公開シンポジウムの実施、及び③同分野に関する調査研究の実施等の事業を展開しています。


 イベント   図書・資料閲覧室 

新着情報

領土・歴史センターのウェブサイトを拡充しました(2018/4/23)


ハイライト

(講演)國吉まこも 尖閣諸島文献史料編纂会研究員 「尖閣諸島について」(2018/3/26)
  資料 



(講演)藤井賢二 島根県竹島問題研究顧問 「竹島問題‐1950~60年代の韓国政府の対応について」(2018/3/20)
  概要 



(シンポジウム)明治維新から150年 -近代化と世界のなかの日本(於:大阪)(2018/3/13)
 



(シンポジウム)「アジア植民地化の影響:領土問題の過去,現在,未来の議論を通じて」(於:インド・ニューデリー)(2018/2/23)
 



(セミナー)「日中戦争史セミナー」(2018/2/14)
  概要 



(シンポジウム)「まなざしの交差:ヨーロッパ・アジアにおける「歴史」と「記憶」の問題」(於:フランス・パリ)(2018/1/17)
  概要