新着情報

2019-02-19  2018世界シンクタンク・ランキング JIIAは世界14位/アジアでトップに
1月31日に米ペンシルベニア大学TTCSP(シンクタンク・市民社会プログラム)が発表した「2018世界シンクタンク報告」において、日本国際問題研究所は、全世界(米国及び非米国の総合)のランクで14位、アジアのシンクタンクの中ではトップに選ばれました。詳細はこちら

2019-02-18 【イベント告知】
シンポジウム「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」開催のお知らせ:平成31年3月2日(土)13:30~17:00(場所:同志社大学室町キャンパス寒梅館KMB211)

2019-02-14 【ビデオ配信(会員向け)】
公開シンポジウム「インド太平洋地域の海洋安全保障と『法の支配』の実体化に向けて:国際公共財の 維持強化に向けた日本外交の新たな取り組み」(2019年2月5日実施)

2019-02-12 【海外フェロー論文】
「American Policy vis-à-vis North Korea and Iran: Different Approaches to Different Threats」
 Yechiam Brot (2018 JIIA Visiting Fellow)

2019-02-06 【会議報告】
「「核を巡る責任」(Nuclear Responsibility)についての議論」(英国シンクタンクとの共同ラウンドテーブル:報告)
共催:日本国際問題研究所 軍縮不拡散促進センター・英国シンクタンクBASIC(英米安全保障情報評議会)・英バーミンガム大学ICCS(紛争及び安全保障協力研究所)(2019年1月22日開催 於・日本国際問題研究所)

2019-01-15  国際問題
 2019年1・2月合併号 焦点:「課題に直面する多国間外交と日本」(No.678)

過去の新着情報

 JIIAフォーラム・シンポジウム

日本国際問題研究所では、広く国内における政策論議を推進するため、日本外交の主要課題をテーマに、内外有識者による講演会を、月に2~3回、開催しております。フォーラムはウェブを通じて一般に公開しております。

今後の開催予定
【実施報告・会員/一般向けビデオ配信】
 

公開シンポジウム「インド太平洋地域の海洋安全保障と『法の支配』の実体化に向けて:国際公共財の 維持強化に向けた日本外交の新たな取り組み」 (2019-02-05)

 

講演会「歴史と法理のはざま~~尖閣史料最新報告」(2019年1月22日実施) (2019-01-22)

 

JIIAフォーラム「北朝鮮核問題と日米同盟」 (2019-01-16)

 

JIIAフォーラム「国連の挑戦 : 軍縮・不拡散問題の行方」 (2018-12-07)

 

JIIAフォーラム「朝鮮半島情勢と日本の視角」 (2018-12-06)

続きを読む

日本国際問題研究所では、様々な国際情勢の展開に際して、国際社会として何をすべきか、また日本政府としていかなる視点をとるべきかについて、研究報告としてとりまとめ、政策提言を提示しています。


 研究報告

「「核を巡る責任」(Nuclear Responsibility)についての議論」(英国シンクタンクとの共同ラウンドテーブル:報告)
共催:日本国際問題研究所 軍縮不拡散促進センター・英国シンクタンクBASIC(英米安全保障情報評議会)・英バーミンガム大学ICCS(紛争及び安全保障協力研究所)(2019年1月22日開催 於・日本国際問題研究所)
(2019-02-06)

政策提言「揺れる国際秩序に立ち向かう新たな安全保障戦略-日本を守るための11の提言」 (2018-10-10)

「『不確実性の時代』の朝鮮半島と日本の外交・安全保障」(平成29年度 朝鮮半島研究会) (2018-07-25)

「トランプ政権の対外政策と日米関係」(平成29年度 米国研究会) (2018-06-26)

「反グローバリズム再考――国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究 グローバルリスク研究」(平成29年度 グローバルリスク研究会) (2018-05-24)

「ポスト・プーチンのロシアの展望」中間報告(平成29年度 ロシア研究会) (2018-05-08)

平成29年度 米国議会への年次報告書「中華人民共和国に関わる軍事・安全保障上の展開2017」(注:当研究所による米国政府文書の翻訳として作成したもの。 (2018-02-06)

「ポストT P P におけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」(平成28年度 ポストTPP研究会) (2018-01-12)

過去の研究報告を読む

 政策提言

政策提言「揺れる国際秩序に立ち向かう新たな安全保障戦略-日本を守るための11の提言」(2018-10-10)

続きを読む

 国問研戦略コメント

国内外の時事問題に関する当研究所研究員による戦略的視点からのコメント・政策提言

「日ロ平和条約交渉―これまでの経緯と今後の交渉ポイント―」
伏田寛範(日本国際問題研究所研究員)
(2019-01-23)

「多次元統合防衛力:評価と課題」
小谷哲男 (日本国際問題研究所主任研究員/明海大学外国語学部准教授)
(2018-12-28)

「米国離脱後のイラン核合意の行方——激しさを増す「二次的制裁」に対する各国の対応」
貫井万里(日本国際問題研究所研究員)
(2018-12-19)

「新興技術の輸出管理:米商務省による発表の持つ意味」
髙山嘉顕(日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター研究員)
(2018-11-30)

続きを読む

 コラム

当研究所の研究会委員および客員研究員・研究員によるコラム
(内容は、執筆者本人の見解であり、当研究所の見解・立場を反映するものではありません)

米中緊張の狭間を生き抜いていくために
津上 俊哉(津上工作室代表 日本国際問題研究所客員研究員) (2018-11-16)

『China Report』Vol. 27
中国新指導部の“プロファイリング”⑥:
丁薛祥 習近平の側近中の側近

李昊 (日本国際問題研究所 若手客員研究員) (2018-10-23)

『China Report』Vol. 26
中国新指導部の“プロファイリング”⑤:
韓正 上海一筋40年から筆頭副総理へ

李昊 (日本国際問題研究所 若手客員研究員) (2018-10-04)

続きを読む

 media exposure

当研究所スタッフによる各種メディアへの寄稿等は以下の通り。

  2月 7日ヴァレリー・ニケ上級海外フェローC dans l'air (France TV)におけるパネル出演(「Huawei : qui a peur du géant chinois ?」 (Huawei:誰が中国の巨人を恐れているか?))

  2月 6日ジョナサン・ミラー上級海外フェローへThe Diplomatによるインタビュー「Jonathan B. Miller on Japan's Foreign and Defense Policies Under Shinzo Abe」(安倍政権の外交及び防衛政策に対するインタビュー)

  2月 1日ジョナサン・ミラー上級海外フェローによるWorld Politics Review(米国)への寄稿「Japan’s Abe Is Eyeing His Legacy. But First He Has to Get Through This Year (安倍長期政権の今年の課題)」

  2月 1日ヴァレリー・ニケ上級海外フェローfrance culture(Radio France) におけるパネル出演(「Les deux Chine : Taïwan face à Xi Jinping」(二つの中国:台湾と習近平))

  1月31日モニカ・チャンソリア上級海外フェローによるJAPANForward(産経新聞)への寄稿「ASEAN Centrality: Caught in the Trap of China’s Regionalism」

  1月27日ジョナサン・ミラー上級海外フェローによるCNNへのコメント(「Why a military spat between Japan and South Korea could snowball into crisis(後退する日韓関係)」)

  1月14日ジョナサン・ミラー上級海外フェローによるJapan Timesにおけるコメント(「Tokyo set 30-day deadline for Seoul over talks on forced labor rulings, South Korean media reports」(日韓関係))

  1月13日ジョナサン・ミラー上級海外フェローによるArirang TV(韓国)におけるコメント(「Deteriorating Korea-Japan relations(後退する日韓関係)」)

  1月10日、[出版] 貫井万里(研究員)「第38章 イラン革命後のクルド人――権利向上を目指す不屈の人々」 山口昭彦編『クルド人を知るための55章』(明石書店、2019年1月10日発行)

  1月10日Asia Society Policy Institute主催Panel Discussion "CPTPP, RCEP and the Future of Asian Trade"で、対談を行いました(1月10日開催、於:ワシントンDC)

  1月 9日日本国際問題研究所・CSIS共催"2019 U.S.-Japan Security Seminar: Challenges and Opportunities for the Alliance"で、Panel Discussionを行いました(1月9日開催、於:ワシントンDC)

  1月 4日ヴァレリー・ニケ上級海外フェローC dans l'air (France TV)におけるパネル出演(「Qui peut arrêter la Chine ?」 (誰が中国を止めるか ?))

  1月 1日ヴァレリー・ニケ上級海外フェローDU GRAIN À MOUDRE (Radio France/france culture)におけるパネル出演(「Chine - États-Unis : le combat du siècle ?」 (米国対中国-世紀の対決?))

続きを読む

JIIAからのお知らせ

2019-02-19 2018世界シンクタンク・ランキング JIIAは世界14位/アジアでトップに
1月31日に米ペンシルベニア大学TTCSP(シンクタンク・市民社会プログラム)が発表した「2018世界シンクタンク報告」において、日本国際問題研究所は、全世界(米国及び非米国の総合)のランクで14位、アジアのシンクタンクの中ではトップに選ばれました。詳細はこちら

2018-10-30【注意喚起】当研究所のメールアドレスおよび職員を騙(かた)った「なりすましメール」にご注意ください。
当研究所の関係者の名前を詐称してマルウエア・ウイルス等が添付ファイルで送りつけられるケースが発生しております。@以降が「jiia.or.jp」でないもの(特にフリーメールアドレス)や件名等に不審のあるものは添付ファイルの開封に十分ご注意下さい。

2018-04-23 領土・歴史センターのHPを拡充しました

2018-02-01 2017世界シンクタンク・ランキング JIIAは世界14位/アジアでトップに
2月1日に米ペンシルベニア大学TTCSP(シンクタンク・市民社会プログラム)が発表した「2017世界シンクタンク報告」において、日本国際問題研究所は、全世界(米国及び非米国の総合)のランクで14位、アジアのシンクタンクの中ではトップに選ばれました。詳細はこちら

過去のお知らせ

会員向けWEBサービス

会員登録はこちら

重要な国際問題をテーマに第一線の専門家の分析を紹介する専門誌。

内外の問題について日本の見方を海外に紹介する英文コメンタリー。

日本が直面する領土や海洋をめぐる諸課題についての電子ライブラリ。

領土・主権・歴史に関する研究成果・情報を英語で発信するサイト

優れた日本語論文を英訳して対外発信。

旧世界経済調査会発行文献の目次
情報をデータベース化(逐次更新)

研究センター

書籍紹介

ご寄付のお願い