ホーム > 研究スタッフ

研究スタッフ


標 響子(くわはら きょうこ)
研究員

(研究部代表:03-3503-7801)


関心分野

  • パブリック・ディプロマシー、外交・安全保障、ソフトパワー、シャープパワー、世論、メディア、中国および韓国の公共外交、政治戦(political warfare)

学歴

2017年3月大阪大学大学院 国際公共政策研究科 国際公共政策専攻修士課程 修了
2017年3月大阪大学大学院 高度副プログラム「国際協力活動における公共倫理とイノベーション」 修了

職歴

2017年4月~2018年4月公益財団法人笹川平和財団 安全保障事業グループ 研究員
2018年11月~2019年4月外務省 大臣官房 戦略的対外発信拠点室 外務事務官
2019年4月~現在京都大学レジリエンス実践ユニット 特任助教
2019年4月∼現在 公益財団法人未来工学研究所 研究員
2019年8月~現在公益財団法人日本国際問題研究所 研究員

論文・論考等

  • 「第二次安倍政権下の対米パブリック・ディプロマシー −その実情と効果についての一考察」大阪大学国際公共政策学会国際公共政策研究, 22巻2号, pp.35-57, 2017 年3 月
  • 「日本外交にパブリック・ディプロマシーが必要な理由」WEDGE Infinity, 2018 年8 月3 日
  • 「アメリカで激しくなっている『中国排除』の実態:教育機関や留学生まで『標的』に」東洋経済オンライン, 2018 年10 月31 日
  • 「中国のシャープパワーに翻弄され続けた世界 −批判され始めた中国のパブリック・ディプロマシー(前編)」WEDGE Infinity, 2018 年11 月1 日
  • 「中国のシャープパワー、『経済協力』に抗えない世界 −批判され始めた中国のパブリック・ディプロマシー(後編)」WEDGE Infinity , 2018 年11月2 日
  • 「パブリック・ディプロマシー:勢力均衡の探求」『表現者クライテリオン』2019年7月号
    (他、連載記事を多数執筆)

その他、関連書籍(単著・共著)を執筆中