ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

実施済みのJIIA国際フォーラム

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
ページ:[1] > 2 ...8 (148件)

JIIAフォーラム「国連の挑戦:米国と日本」 (2018-09-27)
パネリスト :吉川元偉 国際基督教大学ICU特別招聘教授/前国連大使
       長谷川祐弘 日本国際平和構築協会理事長
モデレーター:佐々江賢一郎 日本国際問題研究所理事長
※本講演は日本語音声のみです。
(YouTube版)


公開シンポジウム「中国の対外政策と諸外国の対中政策」≪第2部≫ (2018-02-26)
≪第2 部≫「諸外国の対中認識の趨勢と国際秩序の趨勢」(チームB)
チーム・リーダーによる趣旨説明
 高木 誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
研究会委員による報告:
①「ベトナムの対中認識と対応」
 庄司 智孝(防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長)
②「ロシアの多極的世界観と対中認識」
 兵頭 慎治(防衛研究所地域研究部部長)
③「対立と協調のはざまで—欧州の対中認識:EU とドイツ・イギリスを中心に—」
 林 大輔(武蔵野学院大学専任講師)
第2 部総括:高木 誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
閉会辞:相 航一(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
(※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」に従い実施致しております。本シンポジウムは日本語音声のみです。)


テーマ:「ASEAN50周年の先:日アセアン協力の未来」
講演者:ビラハリ・コーシカン大使 シンガポール共和国・無任所大使
(2018-02-08)
(※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しております。)


公開シンポジウム「反グローバリズム再考-ポピュリズムと中東発の危機に揺れる世界-」 ≪第2部≫ (2018-02-05)
≪第2部≫「中東発のグローバルリスク」
司会:立山 良司(防衛大学校名誉教授/グローバルリスク研究会主査)
報告(1) 立山 良司(防衛大学校名誉教授/グローバルリスク研究会主査)
「深まる中東危機―『シリア内戦後』をめぐるパワーゲーム」
報告(2) 貫井 万里(日本国際問題研究所研究員)
「反イラン連合のもたらすリスク」
報告(3) 近藤 重人(日本エネルギー経済研究所研究員)
「サウジ内政の急展開と積極的な域内政策」
閉会辞 相 航一(日本国際問題研究所所長代行)
(※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」に従い実施致しております)


公開シンポジウム「反グローバリズム再考-ポピュリズムと中東発の危機に揺れる世界-」 ≪第1部≫ (2018-02-05)
開会辞 野上 義二(日本国際問題研究所理事長)
基調講演 稲葉 延雄(株式会社リコー取締役会議長/リコー経済社会研究所常任参与/世界経済研究会主査)
「反グローバリズムの諸課題への対応」
≪第1部≫「ポピュリズムに揺れる先進国」
 司会:河合 正弘(東京大学公共政策大学院特任教授/環日本海経済研究所代表理事・所長)
報告(1) 安井 明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)
「グローバル化と米国政治」
報告(2) 馬田 啓一(杏林大学名誉教授/国際貿易投資研究所理事)
「揺らぐアジアの通商秩序と日本の通商戦略 ―トランプ米政権の暴走をいかにして止めるか―」
報告(3) 浪岡 新太郎(明治学院大学准教授)
「イスラームとテロリズム:フランス人ムスリムの過激化」
報告(4) 橘木 俊詔(京都女子大学教授/京都大学名誉教授)
「ポピュリズムと経済」
シンポジウム要旨報告
(※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」に従い実施致しております)


テーマ:「変わりゆく中東情勢 -デジタル・テロリズムとヘイト-」
講演者:アブラハム・クーパー師 サイモン・ヴィーゼンタール・センター副所長
(2017-12-19)


日独1.5トラック安全保障対話 公開フォーラム
「不安定な世界秩序にどう対応するか?―日独協力の可能性―」
(2017-11-14)
冒頭挨拶:      野上義二 当研究所理事長
           ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン 駐日ドイツ連邦共和国大使
パネリスト:
 武藤 顕      内閣官房 国家安全保障局内閣審議官
 マティアス・ナス  Die Zeit紙外信部長/日独フォーラムドイツ側議長
 秋田浩之      日本経済新聞編集局コメンテーター
 ペトラ・ジグムント ドイツ外務省アジア太平洋局長
挨拶:
 トマース・アヴェ  コンラート・アデナウアー財団 東京事務所長
 川村 博司     外務省 欧州局審議官
※今回英語音声はドイツ語となっています。


テーマ:「日米同盟の展望:冷戦後の国際情勢の変化と米国新政権への対応をめぐって」
講師:ジェームズ・ショフ カーネギー国際平和財団シニア・フェロー
(2017-04-18)


テーマ:「インド太平洋における法に基づく秩序維持に向けたオーストラリアの安全保障戦略」
講演者: ピーター・ジェニングス 豪州戦略政策研究所(ASPI)所長
(2017-03-28)


テーマ:「ロシア・中国に対する欧州の安全保障観」
講演者:ダン・スミス ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)所長
(2017-03-15)


JIIAフォーラム・公開シンポジウム「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」第2部 (2017-02-20)
第2部 地域研究会報告
司会:菊池 努 青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科 教授
              /日本国際問題研究所 上席客員研究員(主査)
徳地秀士・政策研究大学院大学シニア・フェローによる基調講演
「東アジアの海洋安全保障における日本の課題について」
地域研究会の研究成果報告
「インド太平洋の海洋安全保障」(菊池主査)
コメント:小谷 哲男 日本国際問題研究所 主任研究員
質疑応答


JIIAフォーラム・公開シンポジウム「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」第1部 (2017-02-20)
第1部 JIIA フォーラム/国際法研究会報告
司会:中谷 和弘 東京大学大学院 法学政治学研究科 教授(主査)
開会の挨拶:山上 信吾 日本国際問題研究所 所長代行
国際法研究会の研究課題と成果報告(中谷主査)
ポール・ライクラー弁護士(中比南シナ海仲裁裁判比側弁護人)による講演
「南シナ海における公正で恒久な平和の実現に向けて」
コメント:西本 健太郎 東北大学大学院 法学研究科 准教授
質疑応答


テーマ「日ロ関係の動向と今後の展望」
講演者:ドミトリー・ストレリツォフ モスクワ国際関係大学教授
(2017-02-17)
(今回英語チャンネルは「ロシア語」になっています/Чтобы прослушать русский перевод, нажимите кнопку "English". )


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第1部≫「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」研究会
(2017-02-16)
開会辞 相 航一(日本国際問題研究所 研究調整部長)
≪第1部≫
司会:主査・小此木政夫教授(慶應義塾大学名誉教授)
主査による研究会の成果の紹介
研究会委員による報告
報告(1) 平井 久志(立命館大学客員教授/共同通信客員論説委員)
「韓国情勢の現況」
報告(2) 三村 光弘(環日本海経済研究所調査研究部主任研究員)
「北朝鮮情勢」
報告(3) 倉田 秀也(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
「朝鮮半島の安全保障情勢」
質疑応答


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第2部≫「中東情勢と新地域秩序」研究会
(2017-02-16)
司会:主査・立山良司教授(防衛大学校名誉教授)
主査による研究会の成果の紹介
研究会委員による報告
報告(1) 吉岡 明子(日本エネルギー経済研究所主任研究員)
「誰がモスルを支配するのか――奪還作戦の背後で交錯する思惑」
報告(2) 山本 達也(清泉女子大学准教授)
「イージーオイル時代の終焉が産油国に与える影響と中東域内秩序」
質疑応答


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第3部≫「安全保障政策」研究会
(2017-02-16)
司会:主査・神谷万丈教授(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
主査による研究会の成果の紹介
研究会委員による報告
報告(1) 高橋 杉雄(防衛研究所政策シミュレーション室長)
「新ガイドラインと拡大抑止」
報告(2) 村上 友章(三重大学特任准教授)
「安保法制とPKO」
報告(3) 小谷 哲男(日本国際問題研究所主任研究員)
「南シナ海での重要影響事態」
質疑応答
閉会辞 山上 信吾(日本国際問題研究所 所長代行)


第11回日本・シンガポール・シンポジウム「日・シンガポール関係の未来と展望」
(非会員視聴可)
(2016-04-26)
①開会辞  野上義二共同議長(日本国際問題研究所理事長)
      トミー・コー共同議長(外務省無任所大使兼IPS特別顧問)
②基調講演 木原誠二外務副大臣
      ビビアン・バラクリシュナン シンガポール外務大臣
≪オープンフォーラム≫「日・シンガポール関係の未来と展望」
③講演   林芳正参議院議員
④報告   神保謙・慶應義塾大学准教授
      Amb. Zainul Abidin Rasheed, Foreign Minister's Special Envoy
       to the Middle East and Non-Resident Ambassador to Kuwait,
       Ministry of Foreign Affairs, Singapore
      中島厚志・経済産業研究所理事長
      Dr. Lam Peng Er, Senior Research Fellow, East Asian Institute,
       National University of Singapore
⑤討論
⑥質疑応答
⑦閉会辞
※本公演は会員以外の一般の方もご覧いただけます。


JIIA公開シンポジウム「日米関係と東南アジア:地域の要請に応える」 (2016-03-14)
開会の挨拶:前川信隆(日本国際問題研究所 研究調整部長)
      茶野順子(笹川平和財団 常務理事)
共同議長による研究成果レポートの発表:
 サツー・P・リマイエ(米国・東西センター・ワシントン所長)
 菊池 努(日本国際問題研究所 客員研究員/青山学院大学 教授)
討論者によるコメント:
 徳地秀士(上智大学国際関係研究所 客員所員)
プロジェクト報告書(PDF)
(※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致します。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


テーマ:「シリア紛争解決に向けた展望と中東における平和と安全への含意」
講演者:ヤジッド・サーイェグ  ベイルート・カーネギー中東センター上席研究員
(2016-02-26)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第3部「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」
(2016-02-24)
主査による趣旨説明:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告①「国務省・国防総省・NSC-アメリカの外交安保官僚機構と中国政策-」
    泉川泰博(中央大学教授)
報告②「米国の経済・人口動態・財政の状況」
    安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)
報告③「アメリカの『第三のオフセット戦略』」
    森聡(法政大学教授)
討論:中山俊宏[副主査](慶應義塾大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
総括:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
閉会辞:山上信吾(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


ページ:[1] > 2 ...8 (148件)