ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

実施済みのJIIA国際フォーラム

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
ページ:[1] > 2 ...6 (106件)

JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
≪第1部≫「米中関係と米中をめぐる国際関係」
(2017-02-08)
開会辞 野上 義二(日本国際問題研究所理事長)
第1部司会:主査・高木 誠一郎(日本国際問題所研究顧問)
主査による趣旨説明
研究会委員による報告
報告(1) 梅本 哲也(静岡県立大学教授)
「米中大戦略の相剋」
報告(2) 佐橋 亮(神奈川大学准教授)
「問題群としての『中国』の急浮上—オバマ政権による中国政策の硬化と トランプ政権の展望—」
報告(3) 倉田 秀也(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
「米中関係のなかの韓国―南シナ海問題を中心に—」
報告(4) 兵頭 慎治(防衛省防衛研究所地域研究部長)
「ロシアからみた米中関係—ロシアの「反米親中」路線の行方—」
質疑応答
総括


JIIAフォーラム「米国新政権とアジア太平洋地域の経済統合の展望」
講演者:ピーター・ペトリ 米ブランダイス大学教授
(2017-01-19)


特別連続企画「2016年米大統領選挙を読む」第5弾
第2部「米大統領選挙とアジアへの含意」
(2016-11-01)
講演:ピーター・ランダース氏(ウォール・ストリート・ジャーナル 東京支局長)
司会/コメント:野上義二(日本国際問題研究所理事長兼所長)


特別連続企画「2016年米大統領選挙を読む」第5弾
第1部「日本の世界認識と米中」
(2016-11-01)
講演:ブルース・ストークス氏(ピューリサーチセンター世界経済世論調査ディレクター)
司会  :前川信隆(日本国際問題研究所研究調整部長)
コメント:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)


特別連続企画「2016年米大統領選挙を読む」第4弾
「長い奇妙な旅路: 決戦まで15日、そしてその帰結」
(2016-10-24)
講演:スティーブ・ソンダース氏 (米国政治コンサルタント)


夏期公開シンポジウム「米大統領選挙と米国内政・外交の展望」(第1部) (2016-08-23)
開会挨拶    :野上義二(日本国際問題研究所理事長兼所長)
研究会紹介・概観:久保文明(東京大学教授/当研究所客員研究員)
第1部「米大統領選挙と内政」 (司会:久保文明教授)
報告1. 中山俊宏(慶應義塾大学教授/当研究所客員研究員)
「共和党の終焉?」
報告2. 渡辺将人(北海道大学准教授)
「民主党と2016 年大統領選挙」
報告3. 前嶋和弘(上智大学教授)
「米国の国内問題におけるイデオロギーの展開:政治・社会における分極化、多文化主義」
コメント/久保文明(東京大学教授/当研究所客員研究員)
フロアとの質疑応答
(※都合により音声は会場の生音声を集音しています。また、言語は日本語のみです。)


夏期公開シンポジウム「米大統領選挙と米国内政・外交の展望」(第2部) (2016-08-23)
第2部「米外交の展望」 (司会:久保文明教授)
報告1. 中山俊宏(慶應義塾大学教授/当研究所客員研究員)
「クリントン外交の展望:オバマ外交の継続か?」
報告2. 高畑昭男(白鴎大学教授)
「トランプ外交と共和党」
報告3. 宮田智之(帝京大学専任講師)
「2016 年大統領選挙とシンクタンク—保守派の動向を中心に—」
コメント/久保文明(東京大学教授/当研究所客員研究員)
フロアとの質疑応答
閉会の挨拶:野上義二(日本国際問題研究所理事長兼所長)
(※都合により音声は会場の生音声を集音しています。また、言語は日本語のみです。)


特別連続企画「2016年米大統領選挙を読む」第2弾
"United States Presidential Elections 2016: Epic Fail"
(2016-06-06)
講演:フランク・ジャヌージ氏 モーリーン&マイク・マンスフィールド財団理事長兼CEO
コメント:マイケル・オースリン氏 アメリカン・エンタープライズ(AEI)日本部長
     中山 俊宏氏 慶應義塾大学教授/日本国際問題研究所客員研究員


特別連続企画「2016年米大統領選挙を読む」第1弾
"The 2016 U.S. Presidential Race: An Inside View"
(2016-05-24)
講演:フランク・ラヴィン エクスポート・ナウ社 最高経営責任者(CEO)
コメント: 中山 俊宏・慶應義塾大学教授/日本国際問題研究所客員研究員


JIIA公開シンポジウム「日米関係と東南アジア:地域の要請に応える」 (2016-03-14)
開会の挨拶:前川信隆(日本国際問題研究所 研究調整部長)
      茶野順子(笹川平和財団 常務理事)
共同議長による研究成果レポートの発表:
 サツー・P・リマイエ(米国・東西センター・ワシントン所長)
 菊池 努(日本国際問題研究所 客員研究員/青山学院大学 教授)
討論者によるコメント:
 徳地秀士(上智大学国際関係研究所 客員所員)
プロジェクト報告書(PDF)
(※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致します。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第3部「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」
(2016-02-24)
主査による趣旨説明:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告①「国務省・国防総省・NSC-アメリカの外交安保官僚機構と中国政策-」
    泉川泰博(中央大学教授)
報告②「米国の経済・人口動態・財政の状況」
    安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)
報告③「アメリカの『第三のオフセット戦略』」
    森聡(法政大学教授)
討論:中山俊宏[副主査](慶應義塾大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
総括:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
閉会辞:山上信吾(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第2部「米中関係と米中をめぐる国際関係」
(2016-02-24)
主査による趣旨説明:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
報告①「アメリカの対中観」
    中山俊宏[副主査](慶應義塾大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告②「米中関係とオーストラリア」
    石原雄介(防衛研究所教官)
報告③「米中サイバーセキュリティ交渉」
    土屋大洋(慶應義塾大学教授)
報告④「米中関係と気候変動問題-グローバルアジェンダへの対応-」
    太田宏(早稲田大学教授)
総括:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第1部「中国の国内情勢と対外政策」
(2016-02-24)
開会辞:山上信吾(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
主査による趣旨説明:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
報告①「対日政策にみる中国内政と外交の連動」
    高原明生(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告②「習近平氏の改革リーダーシップをどう考えるか?」
    鈴木 隆(愛知県立大学准教授)
報告③「習近平政権における思想統制の方策」
    江藤名保子(アジア経済研究所研究員)
報告④「習近平政権の国際・国内情勢認識」
    角崎信也(日本国際問題研究所研究員)
総括:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)


第1部 JIIAフォーラム/石川県県民国際フォーラム (基調講演) (2015-12-13)
講演者:高原 明生(東京大学教授/日本国際問題研究所客員研究員)


第2部 JIIAフォーラム/石川県県民国際フォーラム (パネリスト報告) (2015-12-13)
モデレーター:高木 誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
<パネリスト>
 ボニー・グレイザー (戦略国際問題研究所(CSIS)アジア上級顧問兼中国部長)
 マルタ・マクレラン・ロス (日本国際問題研究所海外フェロー)
 ジョン・ヘミングス(戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員)
 菊池 朋生 (シンガポール国立大学主任研究員)
 マシュー・ファニオリ(戦略国際問題研究所(CSIS)研究員)


テーマ:「米国政治の現状と展望」
講演者:ニーラ・タンデン アメリカ進歩センター(CAP)所長
(パート1・講演)(一般公開)
(2015-06-10)
※本配信は非会員の方も閲覧頂けます。
 講演の後のQ&A部分については別途会員向けに掲載してございます。


テーマ:「米国政治の現状と展望」
講演者:ニーラ・タンデン アメリカ進歩センター(CAP)所長
(パート2・Q&A)(会員向け配信)
(2015-06-10)
※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。 (シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「グローバル・コモンズ(サイバー空間、宇宙、北極海)における日米同盟の新しい課題」(パート2) (2015-03-03)
セッション 3(北極海)
報告1. 「北極海と日米同盟(その2) ―注目を要する安全保障・防衛上の懸念へ対応―」/金田秀昭(日本国際問題研究所客員研究員)
報告2. 「グローバル・コモンズ、北極海そして日米同盟: これらの三者は矛盾しないか?」/池島大策(早稲田大学国際教養学部教授)
コメント:小泉悠(未来工学研究所客員)
※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。 (シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「グローバル・コモンズ(サイバー空間、宇宙、北極海)における日米同盟の新しい課題」(パート1) (2015-03-03)
開会 挨拶:高木哲雄(日本国際問題研究所専務理事兼局長)
研究会の趣旨概要説明:星野俊也 (大阪学副長(海外展開担当)
セッション 1(サイバー空間)
報告1. 「グローバル・コモンズとしてのサイスペ課題」/土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
報告 2. 「サイバー空間における安全保障上の課題」/川口貴久(東京海上日動コンサルティグ株式会社主任研究員)
コメント:鈴木敦夫(防衛省政策局次長)
セッション 2(宇宙)
報告 「安全保障分野における宇宙協力 ―オバマ政権の取り組みと今後日米協力―」/福島康仁 (防衛研究所教官)
コメント:青木節子(慶應義塾大学総合政策部教授)


JIIA公開シンポジウム「主要国の対中認識・政策の分析」(その1) (2015-02-09)
開会のあいさつ 野上 義二・日本国際問題研究所理事長
主査によるプロジェクトの趣旨説明 高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問
【プロジェクト委員による成果報告】
①「米国の対中認識・政策:第2 期オバマ政権を中心に」 (高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問)
②「ウクライナ危機後のロシアの対中アプローチ」 (兵頭 慎治・防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長)
③「韓国の対中認識・政策——朴槿恵政権の「均衡」論」 (倉田 秀也・防衛大学校教授)
④「インドの政権交代と対中政策の変化」 (伊藤 融・防衛大学校准教授)


ページ:[1] > 2 ...6 (106件)