ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

実施済みのJIIA国際フォーラム

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
ページ:[1] > 2 ...3 (58件)

公開シンポジウム「反グローバリズム再考-ポピュリズムと中東発の危機に揺れる世界-」 ≪第1部≫ (2018-02-05)
開会辞 野上 義二(日本国際問題研究所理事長)
基調講演 稲葉 延雄(株式会社リコー取締役会議長/リコー経済社会研究所常任参与/世界経済研究会主査)
「反グローバリズムの諸課題への対応」
≪第1部≫「ポピュリズムに揺れる先進国」
 司会:河合 正弘(東京大学公共政策大学院特任教授/環日本海経済研究所代表理事・所長)
報告(1) 安井 明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)
「グローバル化と米国政治」
報告(2) 馬田 啓一(杏林大学名誉教授/国際貿易投資研究所理事)
「揺らぐアジアの通商秩序と日本の通商戦略 ―トランプ米政権の暴走をいかにして止めるか―」
報告(3) 浪岡 新太郎(明治学院大学准教授)
「イスラームとテロリズム:フランス人ムスリムの過激化」
報告(4) 橘木 俊詔(京都女子大学教授/京都大学名誉教授)
「ポピュリズムと経済」
シンポジウム要旨報告
(※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」に従い実施致しております)


日独1.5トラック安全保障対話 公開フォーラム
「不安定な世界秩序にどう対応するか?―日独協力の可能性―」
(2017-11-14)
冒頭挨拶:      野上義二 当研究所理事長
           ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン 駐日ドイツ連邦共和国大使
パネリスト:
 武藤 顕      内閣官房 国家安全保障局内閣審議官
 マティアス・ナス  Die Zeit紙外信部長/日独フォーラムドイツ側議長
 秋田浩之      日本経済新聞編集局コメンテーター
 ペトラ・ジグムント ドイツ外務省アジア太平洋局長
挨拶:
 トマース・アヴェ  コンラート・アデナウアー財団 東京事務所長
 川村 博司     外務省 欧州局審議官
※今回英語音声はドイツ語となっています。


JIIA 日仏シンポジウム「フランス新政権と日仏協力の可能性」(日仏知的交流 「日仏対話週間」実行委員会・東京外国語大学国際関係研究所 共催) (2017-07-07)
開会挨拶:
 野上義二 日本国際問題研究所理事長
 ローラン・ピック駐日フランス大使
第1 セッション「フランス新政権の誕生と今後の政局」:
 報告)ドミニック・レニエ Fondapol(フランス政治刷新基金)理事長
 モデレーター)渡邊啓貴 東京外国語大学国際関係研究所教授

※主催者の都合により第1セッションの報告までのみを配信いたします。
 音声はフランス語と日本語です。


テーマ:「フランス新大統領とヨーロッパ統合の将来」
講演者:ティエリ・ド・モンブリアル氏 仏国際関係研究所(IFRI) 理事長
(2017-05-19)


テーマ:「ロシア・中国に対する欧州の安全保障観」
講演者:ダン・スミス ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)所長
(2017-03-15)


テーマ:「EUとBrexit、EUがいま直面する課題について : アイルランドからの視点」
講演者:チャールズ・フラナガン アイルランド外務・貿易大臣
(2017-02-28)


テーマ:「EU・ロシア関係-対立するビジョンと利害」
講演者:アンドリス・スプルーツ ラトビア国際問題研究所所長
    ディアナ・ポチョムキナ研究員
(2015-04-16)


JIIA公開シンポジウム「ロシア極東・シベリア地域開発と日本の経済安全保障」(セッション1) (2015-02-25)
主催者挨拶:飯島俊郎(日本国際問題研究所副所長)
研究プロジェクト主査挨拶・趣旨説明:
「ウクライナ危機以降のプーチン体制と東方シフト」/下斗米伸夫(法政大学教授)
≪セッション1:変化する世界の中の極東ロシア≫
「ウクライナ危機以降のロシア東方戦略の行方について」/石郷岡建(ジャーナリスト、麗澤大学非常勤講師)
「ロシアの影響圏的発想と北極・極東地域」/兵頭慎治(防衛研究所米欧ロシア研究室長)
「ウクライナ危機とロ中接近」/小泉直美(防衛大学校准教授)
「ロシア東部地域における中国人市場の進化」/堀江典生(富山大学教授)


JIIA公開シンポジウム「ロシア極東・シベリア地域開発と日本の経済安全保障」(セッション2) (2015-02-25)
≪セッション2:ロシア極東地域発展の展望≫
「極東・バイカル地域開発の現状と課題」/新井洋史(環日本海経済研究所(ERINA)主任研究員)
「ロシア極東地域における日ロ協力の展望」/杉本侃(環日本海経済研究所(ERINA) 副所長)
「ロ中関係とエネルギー資源」/酒井明司(三菱商事株式会社 天然ガス事業本部・ ロシア事業部シニアアドバイザー)
「ウクライナ危機後のロ中接近と日ロエネルギー協力の行方」/畔蒜泰助(東京財団 研究員)
※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。 (シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


デイヴィッド・オサリバン欧州対外行動庁最高執行責任者
テーマ:「EUの東アジア諸国との戦略的パートナーシップ -日本にとっての意味合い」
(2014-03-27)


エンダ・ケニー アイルランド首相
テーマ:「日アイルランド:繁栄と成長に向けたパートナーシップ」
(2013-12-03)
-講演要旨-
-Speech Digest-


ネヴィル=ジョーンズ卿・英国上院議員
前内務閣外相/対企業首相特別代表(サイバーセキュリティ)
テーマ:「サイバーセキュリティ ―国家安全保障におけるその役割」
(2013-09-25)


カイ・ホルスト・アナセン・グリーンランド自治政府外務副大臣
テーマ:「グリーンランドと北極:21世紀の挑戦と機会」
(2013-06-27)


公開シンポジウム「北極のガバナンスと日本の外交戦略」調査研究成果報告会(基調講演、第1~3セッション)
基調講演
アンドレアス・フォン・ウェクセキュル大使/スウェーデン高級北極実務者
(2013-02-01)


公開シンポジウム「北極のガバナンスと日本の外交戦略」調査研究成果報告会
第1セッション「海運とエネルギー資源開発」
(2013-02-01)
合田 浩之/日本郵船調査グループ総合調査チーム長
木村 眞澄/独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 主任研究員


公開シンポジウム「北極のガバナンスと日本の外交戦略」調査研究成果報告会
第2セッション「安全保障・東アジアへの影響」
(2013-02-01)
金田 秀昭/日本国際問題研究所客員研究員
小谷 哲男/日本国際問題研究所研究員


公開シンポジウム「北極のガバナンスと日本の外交戦略」調査研究成果報告会
第3セッション「北極のガバナンス・総括」
(2013-02-01)
主査:中谷 和弘/東京大学教授


日仏シンポジウム「グローバルプレイヤーとしての日仏協力」 (第1~4セッション) (2012-12-15)
第 1 セッション「日仏は国際社会構造をどのように捉え、対応しているのか」
-講演要旨-
報告 渡邊啓貴 東京外国語大学国際関係研究所所長
   パスカル・ボニファス 国際戦略研究所(IRIS)所長
   フランソワ・ゴドマン アジアセンター長
討論 浅利秀樹 日本国際問題研究所副所長


日仏シンポジウム「グローバルプレイヤーとしての日仏協力」 (2012-12-15)
第2セッション「日仏は近隣諸国との外交をどのように展開しているのか」
-講演要旨-
報告 クリスティァン・ルケンヌ パリ政治学院国際関係研究センター
   ギブール・ドラモット 国立東洋語・文明学院(INALCO)准教授
   山本吉宣 東京大学名誉教授


日仏シンポジウム「グローバルプレイヤーとしての日仏協力」 (2012-12-15)
第3セッション「日仏政治体制比較と外交への影響」
-講演要旨-
報告 パスカル・ペリノー パリ政治学院現代政治研究センター(CEVIPOF)長
   野中尚人 学習院大学教授


ページ:[1] > 2 ...3 (58件)