ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

実施済みのJIIA国際フォーラム

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
ページ:[1] > 2 ...4 (66件)

テーマ:「ロシア・中国に対する欧州の安全保障観」
講演者:ダン・スミス ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)所長
(2017-03-15)


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第1部≫「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」研究会
(2017-02-16)
開会辞 相 航一(日本国際問題研究所 研究調整部長)
≪第1部≫
司会:主査・小此木政夫教授(慶應義塾大学名誉教授)
主査による研究会の成果の紹介
研究会委員による報告
報告(1) 平井 久志(立命館大学客員教授/共同通信客員論説委員)
「韓国情勢の現況」
報告(2) 三村 光弘(環日本海経済研究所調査研究部主任研究員)
「北朝鮮情勢」
報告(3) 倉田 秀也(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
「朝鮮半島の安全保障情勢」
質疑応答


JIIA公開シンポジウム「ポストTPP におけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」
第三部「各国の通商戦略」
(2017-02-14)
(報告者)
1. 「米国外交と国内政治におけるTPP」
 三浦 秀之・ 杏林大学総合政策部専任講師
2. 「中国のFTA 戦略と一帯一路戦略」
 江原 規由・国際貿易投資研究所研究主幹
3. 「TPP とアセアン統合」
 清水 一史・九州大学大学院経済学研究院教授
4. 「韓国におけるTPP 問題」
 深川 由起子・早稲田大学政治経済学術院教授
5. 「台湾におけるTPP 問題」
 平川 幸子・早稲田大学留学センター准教授
質疑応答
(Japanese audio only)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
≪第1部≫「米中関係と米中をめぐる国際関係」
(2017-02-08)
開会辞 野上 義二(日本国際問題研究所理事長)
第1部司会:主査・高木 誠一郎(日本国際問題所研究顧問)
主査による趣旨説明
研究会委員による報告
報告(1) 梅本 哲也(静岡県立大学教授)
「米中大戦略の相剋」
報告(2) 佐橋 亮(神奈川大学准教授)
「問題群としての『中国』の急浮上—オバマ政権による中国政策の硬化と トランプ政権の展望—」
報告(3) 倉田 秀也(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
「米中関係のなかの韓国―南シナ海問題を中心に—」
報告(4) 兵頭 慎治(防衛省防衛研究所地域研究部長)
「ロシアからみた米中関係—ロシアの「反米親中」路線の行方—」
質疑応答
総括


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
≪第3部≫「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」
(2017-02-08)
司会:主査・久保 文明(東京大学教授/日本国際問題研究所上席客員研究員)
主査による趣旨説明
研究会委員による報告
報告(1) 高畑 昭男(白鷗大学教授)
「トランプ新政権の外交・安保政策と共和党」
報告(2) 安井 明彦(みずほ総合研究所調査部長)
「2016年大統領選挙と米国経済」
報告(3) 山岸 敬和(南山大学教授)
「トランプ政権とオバマケア」
討論 副主査・中山 俊宏(慶應義塾大学教授/日本国際問題研究所客員研究員)
質疑応答
総括
閉会辞 山上 信吾(日本国際問題研究所所長代行)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第3部「米国の対外政策に影響を与える国内的諸要因」
(2016-02-24)
主査による趣旨説明:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告①「国務省・国防総省・NSC-アメリカの外交安保官僚機構と中国政策-」
    泉川泰博(中央大学教授)
報告②「米国の経済・人口動態・財政の状況」
    安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)
報告③「アメリカの『第三のオフセット戦略』」
    森聡(法政大学教授)
討論:中山俊宏[副主査](慶應義塾大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
総括:久保文明(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
閉会辞:山上信吾(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第2部「米中関係と米中をめぐる国際関係」
(2016-02-24)
主査による趣旨説明:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
報告①「アメリカの対中観」
    中山俊宏[副主査](慶應義塾大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告②「米中関係とオーストラリア」
    石原雄介(防衛研究所教官)
報告③「米中サイバーセキュリティ交渉」
    土屋大洋(慶應義塾大学教授)
報告④「米中関係と気候変動問題-グローバルアジェンダへの対応-」
    太田宏(早稲田大学教授)
総括:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)


JIIA公開シンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」
第1部「中国の国内情勢と対外政策」
(2016-02-24)
開会辞:山上信吾(公益財団法人日本国際問題研究所所長代行)
主査による趣旨説明:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
報告①「対日政策にみる中国内政と外交の連動」
    高原明生(東京大学教授・日本国際問題研究所客員研究員)
報告②「習近平氏の改革リーダーシップをどう考えるか?」
    鈴木 隆(愛知県立大学准教授)
報告③「習近平政権における思想統制の方策」
    江藤名保子(アジア経済研究所研究員)
報告④「習近平政権の国際・国内情勢認識」
    角崎信也(日本国際問題研究所研究員)
総括:高木誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第1部≫「朝鮮半島情勢の総合分析と日本の安全保障」研究会
(2016-02-08)
開会辞:山上 信吾(日本国際問題研究所所長代行)
司会:小此木 政夫(慶應義塾大学名誉教授)
研究プロジェクト主査による研究会の主題説明と問題提起:
 小此木 政夫(慶應義塾大学名誉教授)
報告(1):「金正恩政権の現状と課題」
 報告者:平井 久志(立命館大学客員教授/共同通信客員論説委員)
報告(2):「南北関係と朝鮮半島の安全保障環境」
 報告者:倉田 秀也(防衛大学校教授/日本国際問題研究 所客員研究員)
報告(3):「北朝鮮の核問題と日本の抑止態勢」
 報告者:戸﨑 洋史(日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進 センター主任研究員)


JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第3部≫「安全保障政策」研究会
(2016-02-08)
≪第3部≫「安全保障政策」研究会
司会:神谷 万丈(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
研究プロジェクト主査による研究会の主題説明と問題提起:
 神谷 万丈(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
報告(1):「安保法制とPKO活動」
 報告者:村上 友章(三重大学教養教育機構特任准教授)
報告(2):「平和安保法制と日米ガイドラインの南シナ海情勢へのインプリケーション」
 報告者:小谷 哲男(日本国際問題研究所主任研究員)
閉会辞
(本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


岸田文雄・外務大臣
「2016年の日本外交」
(2016-01-19)
※スピーチ (日本語) (英語

※本公演は会員以外の一般の方もご覧いただけます。


第1部 JIIAフォーラム/石川県県民国際フォーラム (基調講演) (2015-12-13)
講演者:高原 明生(東京大学教授/日本国際問題研究所客員研究員)


第2部 JIIAフォーラム/石川県県民国際フォーラム (パネリスト報告) (2015-12-13)
モデレーター:高木 誠一郎(日本国際問題研究所研究顧問)
<パネリスト>
 ボニー・グレイザー (戦略国際問題研究所(CSIS)アジア上級顧問兼中国部長)
 マルタ・マクレラン・ロス (日本国際問題研究所海外フェロー)
 ジョン・ヘミングス(戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員)
 菊池 朋生 (シンガポール国立大学主任研究員)
 マシュー・ファニオリ(戦略国際問題研究所(CSIS)研究員)


テーマ:「南シナ海の埋め立てと国連海洋法条約」
講演者:アントニオ・カルピオ フィリピン最高裁判所判事
(2015-09-25)
※本公演は非会員の方もご覧になれます。


JIIA公開シンポジウム「朝鮮半島のシナリオ・プランニング」(第1セッション) (2015-02-12)
開会挨拶:飯島 俊郎日本国際問題研究所副所長
     小此木 政夫慶應義塾大学名誉教授
<セッション 1「北朝鮮情勢と南北関係の動向分析」>
・発表 1「国内政治の動向」平井 久志・共同通信客員論説委員
・発表 2「外交政策の動向」平岩 俊司・関西学院大学教授
・発表 3「南北関係の分析」倉田 秀也・防衛大学校教授/ 日本国際問題研究所客員研究員
モデレーター:小此木 政夫慶應義塾大学名誉教授


JIIA公開シンポジウム「朝鮮半島のシナリオ・プランニング」(第2セッション) (2015-02-12)
<セッション 2「周辺地域の文脈、そして日本の課題」>
・発表1 「米国の対朝鮮半島政策」伊豆見 元・静岡県立大学教授
・発表2 「中国の対朝鮮半島政策」加茂 具樹・慶應義塾大学准教授
・発表3 「ロシアの対朝鮮半島政策」兵頭 慎治・防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長
・発表4 「安全保障シナリオと対応策の析出」阿久津 博康・防衛研究所地域研究部 北東アジア研究室主任研究官
                     阪田 恭代・神田外語大学教授
※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。 (シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


JIIA公開シンポジウム「主要国の対中認識・政策の分析」(その1) (2015-02-09)
開会のあいさつ 野上 義二・日本国際問題研究所理事長
主査によるプロジェクトの趣旨説明 高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問
【プロジェクト委員による成果報告】
①「米国の対中認識・政策:第2 期オバマ政権を中心に」 (高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問)
②「ウクライナ危機後のロシアの対中アプローチ」 (兵頭 慎治・防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長)
③「韓国の対中認識・政策——朴槿恵政権の「均衡」論」 (倉田 秀也・防衛大学校教授)
④「インドの政権交代と対中政策の変化」 (伊藤 融・防衛大学校准教授)


JIIA公開シンポジウム「主要国の対中認識・政策の分析」(その2) (2015-02-09)
⑤「インドネシアの対中政策・認識—新局面と今後の展望」 (首藤 もと子・筑波大学教授)
⑥「同盟か、市場か?:オーストラリアの対中アプローチ」 (福嶋 輝彦・防衛大学校教授)
⑦「馬英九政権期の台湾の対中認識と政策」 (小笠原 欣幸・東京外語大学准教授)
⑧「日本外交へのいくつかの提言」 (高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問)
※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しています。(シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)


公開シンポジウム「主要国の対中認識・政策の分析」
プロジェクト委員による中間成果報告①
(2014-02-17)
開会のあいさつ:飯島 俊郎・日本国際問題研究所副所長
主査によるプロジェクトの趣旨説明:高木誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問
1.「ロシアからみた中露戦略的パートナーシップ-外交・軍事面における「中国要因」-」(兵頭 慎治・防衛省防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長)
2.「韓国の対中政策-多国間協議のなかの韓中関係-」(倉田 秀也・防衛大学校教授)
3.「インドの対中認識・政策」(伊藤 融・防衛大学校准教授)


公開シンポジウム「主要国の対中認識・政策の分析」
プロジェクト委員による中間成果報告②
(2014-02-17)
4.「米国の対中認識・政策:オバマ政権を中心に」(高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問)
5.「インドネシアの対中認識」(首藤 もと子・筑波大学教授)
6.「オーストラリアの対中政策の展開」(福嶋 輝彦・防衛大学校教授)
7.「台湾の対中認識と政策」(小笠原 欣幸・東京外語大学准教授)
総括:高木 誠一郎・日本国際問題研究所研究顧問
閉会のあいさつ:飯島 俊郎・日本国際問題研究所副所長


ページ:[1] > 2 ...4 (66件)