ホーム > イベント

JIIA国際フォーラム/シンポジウム

実施済みのJIIA国際フォーラム

(推奨環境:Windows 7,8,10 Android5.0 iOS9 MacOS Yosemite+)
ページ:[1] > 2 ...9 (170件)
JIIA-Stanford Symposium「The Past, Present, and Future International Order in East Asia」 (2019-05-10)
(JIIA・スタンフォード大学共催、2019年5月10日実施、於・スタンフォード大学)
(ビデオは後日アップ予定です)
シンポジウム「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」 (2019-03-02)
公益財団法人 日本国際問題研究所/同志社大学南シナ海研究センター/同志社大学法学部 共催
シンポジウム「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」
開会の辞 中山泰則(日本国際問題研究所所長代行)
基調講演「南シナ海仲裁とその後の展開:中国の海洋法及び法の支配に対するアプローチ」
 ポール・ライクラー(中比南シナ海仲裁裁判比側弁護人)
パネルディスカッション「東アジアの領土・海洋をめぐる情勢とその起源」
モデレーター:浅野亮(同志社大学法学部教授)
パネリスト:
 岡本隆司(京都府立大学教授)
 高井晉(公益財団法人 笹川平和財団海洋政策研究所島嶼研究センター 特別研究員)
 酒井啓亘(京都大学大学院法学研究科教授)
コメンテーター:阿川尚之(同志社大学法学部特別客員教授)
 村田晃嗣(同志社大学法学部教授)
閉会の辞 中山泰則(日本国際問題研究所所長代行)
公開シンポジウム「インド太平洋地域の海洋安全保障と『法の支配』の実体化に向けて:国際公共財の 維持強化に向けた日本外交の新たな取り組み」 (2019-02-05)
[開会の辞] 中山泰則・当研究所所長代行
[冒頭発言] 菊池 努・青山学院大学教授・副学長/当研究所上席客員研究員
「インド洋における海洋安全保障とベンガル湾地域の台頭」

[パネル・ディスカッション]
「中国の海洋進出と諸外国の対応:インド洋地域における国際政治」
モデレーター:菊池努・当研究会主査
登壇者(本研究会委員):
  大庭三枝・東京理科大学 教授
  小原凡司・笹川平和財団 上席研究員
  加藤洋一・アジア・パシフィック・イニシアティブ 研究主幹
  小谷哲男・明海大学 准教授/当研究所主任研究員
  神保 謙・慶應義塾大学教授
質疑応答
閉会
※本シンポジウムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しました。(シンポジウムで得た情報について対外的に引用される場合には、当該部分に関する発言者の所属や氏名に言及することのないよう留意願います。)
講演会「歴史と法理のはざま~~尖閣史料最新報告」(2019年1月22日実施) (2019-01-22)
講演者:いしゐのぞむ(長崎純心大学准教授)

※本公演は日本語音声のみです。
(YouTubeで見る)
シンポジウム「Origins of Prosperity and Stability: State Building in 20th Century Asia」Part 2(パネル セッション)
日本国際問題研究所、ハーバード大学・Weatherhead Center for International Affairs共催
(2018-10-12)
(Co-host by JIIA and Weatherhead Center for International Affairs, Harvard University)
(watch video by youtube)

[Panel: “State Building in 20th Century Asia”]
Shin Kawashima (Professor, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo)

“A Silent Revolution: State Building and Democratization in Modern Taiwan”
Lung-chih Chang (Associate Research Fellow, Institute of Taiwan History, Academia Sinica)

“Nation-building in Singapore: The Authoritarian Structure of a ‘Vulnerable City-State’”
Keiko Tsuji Tamura (Professor, Graduate School of Social System Studies, the University of Kitakyushu)

“Building and Integrating the Indonesian State”
Nobuhiro Aizawa (Associate Professor, Kyushu University)

Discussant: Dwight Perkins
(Harold Hitchings Burbank Professor of Political Economy, Emeritus, Harvard University)

Moderator: Susan Pharr
(Edwin O. Reischauer Professor of Japanese Politics and Director, WCFIA Program on U.S.-Japan Relations, Harvard University)

(Co-sponsored by Harvard University Asia Center; Fairbank Center for Chinese Studies.)
*英語音声のみ
シンポジウム「Origins of Prosperity and Stability: State Building in 20th Century Asia」Part 1(基調講演)
日本国際問題研究所、ハーバード大学・Weatherhead Center for International Affairs共催
(2018-10-12)
(Co-host by JIIA and Weatherhead Center for International Affairs, Harvard University)
(watch video by youtube)

[Welcome]
Susan J. Pharr (Edwin O. Reischauer Professor of Japanese Politics and Director, WCFIA Program on U.S.-Japan Relations, Harvard University)

Yasunori Nakayama (Director-General(Acting), Japan Institute of International Affairs (JIIA))

[Keynote Speech]
"The History of Asia in the 20th Century: The Origins of Prosperity and Stability”
Akihiko Tanaka (President, National Graduate Institute for Policy Studies)

Discussant: Thomas Berger
(Professor of International Relations and Director, Center for the Study of Asia (2018-21), Frederick S. Pardee School of Global Studies, Boston University)

(Co-sponsored by Harvard University Asia Center; Fairbank Center for Chinese Studies.)
*英語音声のみ
JIIAフォーラム「国連の挑戦:米国と日本」 (2018-09-27)
パネリスト :吉川元偉 国際基督教大学ICU特別招聘教授/前国連大使
       長谷川祐弘 日本国際平和構築協会理事長
モデレーター:佐々江賢一郎 日本国際問題研究所理事長
※本講演は日本語音声のみです。
(YouTube版)
テーマ:「ASEAN50周年の先:日アセアン協力の未来」
講演者:ビラハリ・コーシカン大使 シンガポール共和国・無任所大使
(2018-02-08)
(※本フォーラムは「チャタムハウス・ルール」で実施致しております。)
日独1.5トラック安全保障対話 公開フォーラム
「不安定な世界秩序にどう対応するか?―日独協力の可能性―」
(2017-11-14)
冒頭挨拶:      野上義二 当研究所理事長
           ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン 駐日ドイツ連邦共和国大使
パネリスト:
 武藤 顕      内閣官房 国家安全保障局内閣審議官
 マティアス・ナス  Die Zeit紙外信部長/日独フォーラムドイツ側議長
 秋田浩之      日本経済新聞編集局コメンテーター
 ペトラ・ジグムント ドイツ外務省アジア太平洋局長
挨拶:
 トマース・アヴェ  コンラート・アデナウアー財団 東京事務所長
 川村 博司     外務省 欧州局審議官
※今回英語音声はドイツ語となっています。
テーマ:「トランプ政権の外交政策とアジア:共和党と民主党、双方の視点から」
講演者:ダニエル・トワイニング 米国ジャーマン・マーシャル・ファンド・アジア部長
    ダニエル・フリード 前米国制裁政策調整官
討論者:飯塚恵子 読売新聞国際部長
(2017-03-30)
テーマ:「インド太平洋における法に基づく秩序維持に向けたオーストラリアの安全保障戦略」
講演者: ピーター・ジェニングス 豪州戦略政策研究所(ASPI)所長
(2017-03-28)
JIIAシンポジウム「20 世紀アジアの歴史-繁栄と安定の起源を考える-」
第一部: 「繁栄と安定の起源を考える」
(2017-03-17)
開会の辞:野上 義二 (日本国際問題研究所理事長兼所長)
基調講演:田中 明彦 (東京大学教授)
[パネルディスカッション1]
 モデレーター:田中 明彦 (東京大学教授)(日本)
 パネリスト:トマス・バーガー (ボストン大学国際関係学部教授) (米国)
       ジョン・ペイジ (ブルッキングス研究所上級研究員) (米国)
       杉原 薫(総合地球環境学研究所特任教授)(日本)
JIIAシンポジウム「20 世紀アジアの歴史-繁栄と安定の起源を考える-」
第二部:「アジアの植民地経験」
(2017-03-17)
[パネルディスカッション2]
モデレーター:野上 義二 (日本国際問題研究所理事長兼所長)
パネリスト:ブラマ・チェラニー (政策研究センター教授)(インド)
      ビクター・アンドレス・マンヒット(アルベルト・デル・ロザリオ研究所理事長)(フィリピン)
      ブ・タン・グエン (ベトナム外交アカデミー理事長)(ベトナム)
      ヴァレリー・ニケ (戦略研究財団アジア研究主任)(フランス)
      ロバート・ナイジェル・ピアース(元英国外交官・香港総督府高官(香港返還交渉を担当))(英国)
JIIAシンポジウム「20 世紀アジアの歴史-繁栄と安定の起源を考える-」
第三部:「日本の経験」
(2017-03-17)
[パネルディスカッション3]
モデレーター:山上 信吾 (日本国際問題研究所所長代行)
パネリスト:ジェレミー・ブラック (エクセター大学教授)(英国)
      兼原 信克 (内閣官房副長官補)(日本)
      北岡 伸一 (国際協力機構 (JICA) 理事長)(日本)
      馬 立誠 (元『人民日報』論説委員)(中国)
閉会の辞:野上 義二 (日本国際問題研究所理事長兼所長)
JIIAフォーラム・公開シンポジウム「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」第2部 (2017-02-20)
第2部 地域研究会報告
司会:菊池 努 青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科 教授
              /日本国際問題研究所 上席客員研究員(主査)
徳地秀士・政策研究大学院大学シニア・フェローによる基調講演
「東アジアの海洋安全保障における日本の課題について」
地域研究会の研究成果報告
「インド太平洋の海洋安全保障」(菊池主査)
コメント:小谷 哲男 日本国際問題研究所 主任研究員
質疑応答
JIIAフォーラム・公開シンポジウム「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』」第1部 (2017-02-20)
第1部 JIIA フォーラム/国際法研究会報告
司会:中谷 和弘 東京大学大学院 法学政治学研究科 教授(主査)
開会の挨拶:山上 信吾 日本国際問題研究所 所長代行
国際法研究会の研究課題と成果報告(中谷主査)
ポール・ライクラー弁護士(中比南シナ海仲裁裁判比側弁護人)による講演
「南シナ海における公正で恒久な平和の実現に向けて」
コメント:西本 健太郎 東北大学大学院 法学研究科 准教授
質疑応答
JIIA公開シンポジウム「安全保障政策のリアリティ・チェック―新安保法制・ガイドラインと朝鮮半島・中東情勢―」
≪第3部≫「安全保障政策」研究会
(2017-02-16)
司会:主査・神谷万丈教授(防衛大学校教授/日本国際問題研究所客員研究員)
主査による研究会の成果の紹介
研究会委員による報告
報告(1) 高橋 杉雄(防衛研究所政策シミュレーション室長)
「新ガイドラインと拡大抑止」
報告(2) 村上 友章(三重大学特任准教授)
「安保法制とPKO」
報告(3) 小谷 哲男(日本国際問題研究所主任研究員)
「南シナ海での重要影響事態」
質疑応答
閉会辞 山上 信吾(日本国際問題研究所 所長代行)
JIIA公開シンポジウム「ポストTPP におけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」
第一部「ポストTPP の日本の通商戦略と経済統合の展望」
(2017-02-14)
研究プロジェクト主査挨拶・趣旨説明
(報告者)
1. 「アジア太平洋の経済連携の方向性」
 馬田啓一・杏林大学総合政策学部名誉教授
2. 「米国のTPP 離脱と日本のFTA 戦略」
 石川幸一・亜細亜大学アジア研究所教授
3. 「ポストTPP とEU(欧州連合)の対応」
 渡邊頼純・慶應義塾大学総合政策学部教授
質疑応答
(Japanese audio only)
JIIA公開シンポジウム「ポストTPP におけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」
第二部「TPP と経済課題」
(2017-02-14)
(報告者)
1. 「EPA の経済効果」
 川崎 研一・政策公共大学院大学特任教授・シニアフェロー
2. 「サービス貿易とTPP」
 石戸 光・ 千葉大学法政経学部教授
3. 「FTA 締結に伴う国内対策のあり方 -日米比較を通じた評価-」
 久野 新・杏林大学総合政策学部准教授
4. 「地域統合における経済協力の役割」
 山田 順一・国際協力機構上級審議役
質疑応答
(Japanese audio only)
JIIA公開シンポジウム「ポストTPP におけるアジア太平洋の経済秩序の新展開」
第三部「各国の通商戦略」
(2017-02-14)
(報告者)
1. 「米国外交と国内政治におけるTPP」
 三浦 秀之・ 杏林大学総合政策部専任講師
2. 「中国のFTA 戦略と一帯一路戦略」
 江原 規由・国際貿易投資研究所研究主幹
3. 「TPP とアセアン統合」
 清水 一史・九州大学大学院経済学研究院教授
4. 「韓国におけるTPP 問題」
 深川 由起子・早稲田大学政治経済学術院教授
5. 「台湾におけるTPP 問題」
 平川 幸子・早稲田大学留学センター准教授
質疑応答
(Japanese audio only)
ページ:[1] > 2 ...9 (170件)